ロシアンブルーの性格と特徴

ロシアンブルーの性格と特徴

美しい灰色の毛並みが特徴的な「ロシアンブルー」。エメラルドグリーンの丸い瞳、微笑んでいるような愛らしい顔、しなやかで優雅な姿がとっても人気の猫ちゃんです。

クールな雰囲気ゆえに「気難しい性格で懐かないのでは?」「神経質なのでは?」と思われがちですが、ロシアンブルーはどんな性格をしているのでしょうか? 

今回はロシアンブルーのルーツを紐解きながら、ロシアンブルーならではの身体的特徴や性格について詳しく解説していきます。

嫌がりにくい猫首輪ならぽぽねこ

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルー(Russian Blue)は、ロシア出身の猫ちゃん。

「ブルー」とは深みのあるグレーの毛色のことをいいます。アッシュブルーともいわれ、独特の深い色合いはロシアンブルーならではの美しさ。光沢のある被毛は動くたびに気品あるグラデーションを生みだします。

触ってみるとシルクのようになめらか。細くやわらかな毛が密に生えていて、ロシア出身の猫ちゃんらしくアンダーコートもたっぷりです。

毛色は「ブルー」のみ

ロシアンブルーの毛色は「ブルー」のみで、すべて短毛種です。美しい毛色をさらに魅力的に彩るのが大きくて丸い「エメラルドグリーン」の瞳。その高貴な容姿からヨーロッパでは「アークエンジェルキャット」と呼ばれ、多くの愛好家がいます。

ロシアンスマイル

ロシアンブルーの顔をよく見てみると、微笑みを浮かべているような愛らしい表情をしています。口角の上がった口元にメロメロになる人も多く、「ロシアンスマイル」と呼ばれています。

長い手足にほっそりとしたボディ

ロシアンブルーの平均体重は3~5kgほど。ほっそりとした筋肉質の猫ちゃんです。長い手足としっぽはとっても優美で、活発に遊んでいても気品を感じさせます。

ブルーキャット御三家

ロシアンブルーは、フランスの「シャルトリュー」、タイの「コラット」と並んで「ブルーキャット御三家」といわれています。単色のブルーのみの被毛を持つ猫ちゃんはとっても珍しいのです。

ロシアンブルーの歴史

ロシアンブルーの歴史

ロシアンブルーは、ロシア北部の港町で自然発生した土着猫とされています。

1860年代に商船などに乗せられてイギリスに渡り、美しいアッシュブルーのシルクのような被毛と気品ある姿はたちまち大人気に。王室や貴族階級にもロシアンブルーのファンが大勢いたとか。

イギリスやスウェーデンのブリーダーによって計画的に繁殖がなされ、1912年に「ロシアンブルー」として血統登録されました。2度の世界大戦で数が激減しましたが、ブリーダーらによって守られ、今に至ります。

ロシアンブルーの性格

ロシアンブルーの性格

ロシアンブルーの性格をひとことで言うと「愛情深くてちょっと内気」

ロシアンブルーは飼い主さんに従順で、犬のような性格をしていると言われています。飼い主さんの後をついて歩き、スキンシップを求めてくる甘えん坊な一面も。ときには嫉妬してしまうことも……。

家族のなかでも「この人はいいけど、この人はちょっと……」と人によって態度を変える賢さも持ち合わせているようです。自分が認めた相手にはとことん好意を寄せる性格ですが、ちょっぴり内向的です。人見知りな性格の子が多く、初対面の人がいると隠れてしまうこともあります。

そんなシャイなロシアンブルーですが、遊ぶのは大好き。筋肉質でスレンダーな体型なので、運動量も多くとても活動的。おもちゃを使ってたくさん遊んであげるようにしましょう。

ロシアンブルーについて知っておきたいこと

ロシアンブルーについて知っておきたいこと

アッシュブルーの被毛としなやかなボディが美しいロシアンブルーですが、一緒に暮らすうえで気をつけたいことがあります。

それは「体重管理」「皮膚疾患」です。

ロシアンブルーは筋肉質でスレンダーな体型をしていますが、適正な運動量を確保できないと肥満になってしまいます。

猫の肥満は糖尿病心臓病尿路結石関節炎などのリスクを高めてしまいます。おやつなどの食べ過ぎには注意し、たっぷりと遊びの時間を確保するようにしましょう。

また、ロシアンブルーはダブルコートの毛並みを持ち、細い毛が密に生えています。換毛期には冬毛のアンダーコートを除去するためにブラッシングが欠かせません。

艶やかな被毛を保つだけでなく、皮膚疾患の予防にもなるので、スキンシップを兼ねたブラッシングを習慣にすると良いでしょう。

まとめ

まとめ

ロシアンブルーはちょっぴりシャイで人見知りだけど、飼い主さんに従順で愛情深い性格の猫ちゃんです。初対面の人は苦手なので、無理をさせずに少しずつ慣れていくようにしましょう。

また、ロシアンブルーはほとんど鳴くことがなく、「ボイスレスキャット」と言われています。飼いやすい猫として人気ですが、体重管理には注意が必要です。

筋肉質でスレンダーな体型をキープするには、程度な運動が必要です。肥満になってしまうと糖尿病、心臓病、尿路結石、関節炎などの病気のリスクが高くなるため、食べ過ぎには気をつけて、たくさん遊んであげるようにしましょう。

ロシアンブルーならではの美しいアッシュブルーの被毛とエメラルドグリーンの瞳、ロシアンスマイルの愛らしい顔。愛情たっぷりのロシアンブルーとの生活をぜひ楽しんでくださいね!


本日の編集部recommends!

猫にも服が、必要なときがある。

猫にも服が必要なときがある。

過剰グルーミングによる舐め壊し防止、被毛の飛散防止、体温調整に最適です。

ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

ぽぽねこの猫首輪は、どうしても猫首輪を嫌がったり、猫首輪ハゲに悩まされていた猫ちゃんにも愛用されています。 

    プロフィール


    ぽぽねこ編集部
    ぽぽねこ編集部
    ぽぽねこの読みものの企画・編集スタッフです。猫ちゃん大好きな編集部スタッフが論文などの情報に基づき、役立つ情報をお届けします。
    嫌がりにくい猫首輪ならぽぽねこ


    この記事のご感想をお寄せください!(コメントを書く)