猫首輪はいつから着ける?子猫の猫首輪の選び方、慣らし方

猫首輪はいつから着ける?子猫の猫首輪の選び方、慣らし方

こんにちは! ぽぽねこ編集部です。

突然ですが、飼い主さんから子猫ちゃんへの初めてのプレゼントって何だと思いますか?

それはオモチャ……ではなく「猫首輪」なんです。

猫首輪はオシャレのためだけでなく、いざというときに猫ちゃんの身を守る「お守り」になります。

そんな猫ちゃんにとって大切な猫首輪、いつから着けたらいいのか、子猫用の猫首輪の選び方と慣らし方についてお話しします。

子猫に首輪は必要?

子猫に首輪は必要?

わんちゃんと違って、猫ちゃんは外を散歩しません。完全室内飼いの猫ちゃんがほとんどだと思います。

「嫌がりそうで首輪はかわいそう」「危ないから室内飼いなら必要ない」と考える飼い主さんも多いです。お気持ちはよ~くわかります。

でも、子猫ちゃんにも首輪が必要な理由があるんです!

猫ちゃんの脱走・迷子対策

ほんのちょっと目を離したすきに、子猫が脱走してしまった……。考えただけでゾッとしちゃいますよね。

脱走や迷子の備えとして「猫首輪」が必要なんです。

猫首輪をしていれば「飼い猫」とわかります。外の世界では「野良猫ではない」という目印がとても大事なのです。もちろんマイクロチップも大事ですが、首輪をしていれば、ぱっと見で飼い猫とわかりますよね。

保健所や動物愛護センター、動物愛護団体、警察などに保護されても、大切な猫ちゃんを見つけやすくなります。また、野良猫を狙う動物虐待犯からの被害も避けることができます。

猫首輪は「お守り」として子猫ちゃんの身の安全を守ってくれるんです。

猫首輪には迷子札を

猫首輪に飼い主さんの連絡先を記入した「迷子札」をつけておけば、迷子になった子猫ちゃんが保護されたときに連絡してもらうことができます。

ペットの防災にも猫首輪が必要

もし震災や水害などが起こって、猫ちゃんと離ればなれになってしまったら……。大混乱のなかで再会できるかどうかわかりません。そんなときにも猫首輪と迷子札が役に立ちます。防災対策として、日頃から猫首輪に慣らしておくと安心ですね。

猫首輪はいつから着ける?子猫におすすめの猫首輪は?

猫首輪はいつから着ける?子猫におすすめの猫首輪は?

成猫に猫首輪をつけるのは、なかなか大変です……。力も強いですし、ストレスを感じてしまう猫ちゃんもいます。

猫ちゃんのためにも、子猫のうちから猫首輪に慣れてもらうのがベストです。

子猫の猫首輪、いつから着けてOK?

子猫ちゃんに初めて猫首輪をつけるなら、体重が1kgくらいになって、体つきがしっかりしてくる生後3か月ごろがおすすめです。

子猫に優しい猫首輪の選び方

首輪を着けている猫ちゃんってとってもかわいいですよね。でも、子猫ちゃんに初めて首輪を着けるなら、デザインよりも安全性を重視して選びましょう。

リボンやヘアゴムは危険です。小型犬用の首輪も、子猫ちゃんには重くて固いのでNGです。ストレス首輪ハゲの原因になってしまうので、「子猫用」の首輪を用意してくださいね。

なるべく軽くて、やわらかく、子猫に優しいものがおすすめですよ♪

ぽぽねこの子猫用猫首輪「銀のキトン」シリーズ


▲ぽぽねこの子猫用猫首輪「銀のキトン」シリーズ

初めての猫首輪の慣らし方

初めての猫首輪の慣らし方

子猫ちゃんに初めて首輪を着けると、嫌がって暴れるでしょうね……。

かわいそうに思って、首輪を着けるのを諦めてしまう飼い主さんも多いです。でも、猫ちゃんのために、「慣らし方」を工夫してみましょう。

楽しみながら猫首輪に慣れてもらう

子猫ちゃんに優しく猫首輪をつけてみます。外そうとして暴れたり、首をぶるぶる振ってしまうようなら、無理せずすぐに外してくださいね。

大丈夫そうなら、おもちゃで遊んだり、オヤツをあげたり「楽しいこと」をどんどんしちゃいましょう。たぶん、首輪の存在を忘れて楽しんでくれるはず。

最初は数分から始めて、ちょっとずつ首輪を着けている時間をのばしていきます。首輪をつけているときに楽しいことが続けば、しだいに猫首輪への抵抗感はなくなってきます。

猫首輪に慣れるまで2~3日

子猫ちゃんの性格にもよりますが、おおよそ2~3日で慣れてくれる子が多いようです。時間がかかる子でも2~3週間で慣れてくれるので、焦らずゆっくりと慣れてもらってくださいね♪

子猫に首輪を着けるときは安全第一で!

初めて首輪をつけると、嫌がりすぎて思わぬ事故になってしまうかもしれません。目を離さないようにして、安全第一で首輪を着けるようにしましょう。

さるぐつわ状態・たすきがけ状態

首輪がゆるすぎると、さるぐつわたすきがけのようになってしまって、子猫ちゃんの身体を締め付けてしまいます。子猫なら首輪と首との間に人間の指が1~2本入るくらいの隙間があるのが適切なサイズです。

ひっかけ事故防止

高いところに登って、首輪がひっかかって首吊りになってしまう事故も考えられます。力がかかると外れるセーフティーアジャスターがついている首輪を選ぶと安心です。

成長の早い子猫は首輪のサイズに注意

首輪を購入するときは、メジャーや紐で子猫の首周りのサイズを測って、ちょうどいいサイズのものを選ぶようにします。また、子猫は成長が早いので、首輪がきつくなっていないかこまめなチェックが必要です。

まとめ

まとめ

子猫ちゃんが生後3か月を迎えたら、猫首輪デビューしてみましょう♪

猫首輪はオシャレのためだけでなく、子猫ちゃんが脱走したり、迷子になってしまったときに、「飼い猫」だと知らせる大切な役割があります。また、猫首輪に迷子札をつけることで、飼い主さんと再会できる可能性がぐっと高くなります。

子猫に首輪をつけるときは、軽くてやわらかく、皮膚や被毛にも優しい子猫用の首輪がおすすめです。最初は嫌がってしまうかもしれませんが、焦らずにゆっくりと子猫ちゃんのペースで慣らしていきましょう。

大切な猫ちゃんと、ずっと一緒に暮らすために。子猫ちゃんに猫首輪のプレゼントをしてみませんか?

 【関連記事】

 

 【関連商品】


本日の編集部recommends!

ぽぽねこの猫用ハーネス

NEW!ぽぽねこの猫に優しいベスト型ハーネス

着せやすくて、脱がせやすい。そして、しっかりとホールドする。ぽぽねこの「猫に優しいベスト型ハーネス・リード付き」

ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

ぽぽねこの猫首輪は、どうしても猫首輪を嫌がったり、猫首輪ハゲに悩まされていた猫ちゃんにも愛用されています。 

    プロフィール


    ぽぽねこ編集部
    ぽぽねこ編集部
    ぽぽねこの読みものの企画・編集スタッフです。猫ちゃん大好きな編集部スタッフが論文などの情報に基づき、役立つ情報をお届けします。


    コメントを残す