• HOME
  • TOP
  • 猫首輪コラム
  • 【手作り派必見】猫の首輪を作ろう!家庭用ミシンでできるハンドメイド猫首輪の作り方

【手作り派必見】猫の首輪を作ろう!家庭用ミシンでできるハンドメイド猫首輪の作り方

猫首輪コラム

愛する猫ちゃんの首元を可愛く飾る猫の首輪。
単にオシャレだけではなく、飼い猫である印になって脱走や災害時の迷子のときに帰還の助けとなります。もちろんオシャレとしても重要で、洋服が苦手な猫ちゃんにとっては唯一のファッションアイテムです。

そんな猫首輪をハンドメイドで世界にひとつだけのもので楽しみたい!そう思われる飼い主さんも多いでしょう。

ぽぽねこ店長直伝のご家庭でもできる、優しくて嫌がりにくい猫首輪の作り方をご紹介いたします。

ハンドメイド猫首輪を作るときの材料・用意するものとは

まずは、猫首輪を作るとき必要な材料や道具をご紹介します。

猫首輪の材料

用意するもの 説明
生地 猫首輪のテープに使用する生地。猫ちゃんに優しいコットンや麻などの天然素材がおすすめ。
バックル(美錠) 金属製の方が線形が細くてゴツゴツしていないため猫ちゃんに優しい。プラスチック製は強度維持のためどうしても太くなってしまう。または細いものは強度が弱い。内径が10mmのもの。
セーフティー・アジャスター 引っかかり事故防止のため、一定の力が加わると外れる猫ちゃん安全仕様。犬用は外れないので絶対に使用禁止。内径が10mmのもの。
ミシン糸 「シャッペスパン」がおすすめ。無名メーカー品は粗悪のものもあり強度に問題があるため要注意。

猫の首輪の生地の選び方

猫首輪の作り方

今回ご紹介する猫首輪のテープ部分のサイズは幅10mm(1cm)です。
そのため生地を選ぶ時、柄物の場合は小さな柄を選んだほうが仕上がりがキレイです。
楽天などのネットショップでも買うことができますが、生地屋さんでパッチワーク用の生地などを実際に見て購入することをおすすめします。
また、デニム生地や帆布などの厚い生地は縫製がとても難しいので初心者の方は避けた方が良いでしょう。

 

猫首輪用バックル、セーフティーアジャスターについて

猫首輪バックル(美錠)-300x300

猫首輪バックル(美錠)

猫首輪セーフティーアジャスター-300x300

猫首輪セーフティーアジャスター

 

猫首輪に使用するバックルは猫ちゃんに皮膚や被毛を負担にならないようになるべく線形が細く、軽いものを選びましょう。プラスチック製は強度に問題があったり、太くて猫ちゃんの皮膚に当ってしまうためおすすめしません。
猫首輪専門店ぽぽねこでは、猫首輪専用のバックルとセーフティーアジャスターも取り扱っています。

 

猫首輪パーツの詳細を見る

 

続いて、道具や資材をご紹介します。

 

猫の首輪を手作りするための道具と資材

用意するもの 説明
家庭用ミシン 直線縫いのみなので高性能では無くてもOK。
アイロン・アイロン台 普通のアイロンとアイロン台。ヤケドに要注意。
型紙 工作用紙で可。テープ部分の型紙として使用。
チャコペン 型紙通りに裁断するための線引き用。
裁断用ハサミ 型紙通りに裁断するために使用。
ラジオペンチ 輪っかをひっくり返す時に便利。
定規・ものさし テープ長を計るときに使用。
メジャー 猫ちゃんの首周りサイズを測るときに使用。

猫の首輪を手作りする事前準備

道具や資材の用意が出来たら、続いて事前準備をしましょう。

猫首輪のテープ部の型紙を作る

工作用紙を使ってテープ部分の型紙を作ります。

カッター台と猫首輪の型紙

型紙サイズ:4×50cm(完成後のテープ幅は10mm(1cm)です)

工作用紙だと50cmに足りないので、2つを糊でつなぎ合わせます。

 

猫ちゃんの首周りサイズを測り、猫首輪のサイズを決める

猫ちゃんの首周りを測りましょう。下記は「ぽぽねこ」の猫首輪サイズです。完成した猫首輪は多少のサイズ調整は可能ですので下記を参考に愛猫ちゃんに合ったサイズを選びましょう。

首周りサイズ 首輪サイズ テープの長さ
11〜15cm Sサイズ  31cm
15〜20cm Mサイズ 36cm
17〜23cm Lサイズ  41cm
注意!猫の首輪には必ずセーフティーアジャスターを使用しよう!

猫首輪は高いところでの引っ掛かり事故や、口と頭周りに絡まる猿ぐつわ状態など猫ちゃんにとって危険な状況を防ぐために必ずセーフティーアジャスターを使用しましょう。
既に使用している猫首輪のアジャスターを流用することは可能ですが、犬首輪のアジャスターは絶対に使用しないでください。

 

ハンドメイド猫首輪を作ってみよう!

生地の裁断

猫首輪を作るための、お好みの生地を用意します。

猫首輪用の生地

猫首輪のテープを作る生地のウラ面に型紙を当ててチャコペンで裁断する線を引きます。

猫首輪の生地に線を引く

線を引いたら続いて生地の裁断です。

チャコペンで引いた線に沿って裁断用ハサミで丁寧に裁断します。

猫首輪の生地を切る

 

アイロン掛け

裁断した猫首輪用の生地をアイロン掛けします。まずは全体のシワを伸ばしましょう。

バイアステープを作る要領で二つ折りにしてアイロンで折り目を付けます。

猫首輪の生地にアイロン掛け

折り目を開き両側を中心に向けて山折りにし、アイロンで折り目を付けます。霧吹きで軽く湿らせながらアイロンを掛けます。

猫首輪の生地にアイロン掛け
続いて反対側も中心に沿って折り、アイロン掛けをします。

猫首輪の生地にアイロン掛け

生地が合わさる両側がピッタリと合わさるように丁寧にアイロン掛けをしましょう。ここが猫首輪の仕上がりの見栄えに大きく影響します。

猫首輪の生地にアイロン掛け

霧吹きで濡らし、しっかりと折り目を付けます。

猫首輪の生地にアイロン掛け

これでアイロンは完了です。

猫首輪の生地にアイロン掛け

とても細い生地ですので、アイロンでのヤケドにくれぐれも注意しましょう。

 

テープを縫製する(直線縫い)

アイロン掛けした生地をミシンで縫製します。もし、難しいようであればマチ針で数か所留めても良いでしょう。

 

①折った生地の開いている側を縫います。
縫う際はオモテ面を上にして縫ってください。
柄、色が綺麗に出ている側をオモテ面としてください。生地の端から約1mmの部分を縫ってください。ミシンに慣れていない方にとっては少々難しい作業なのでゆっくりと縫いましょう。

猫首輪の生地を縫う

②更に反対側(輪)を縫います。
折り合わせて縫う際に、端と端がピッタリと合うようにしてください。糸落ちに注意しましょう。

猫首輪の生地を縫う

③最後にテープ部分をアイロン掛けして歪みを補正します。
とても細かい作業のため、手元には十分にご注意ください。

猫首輪の輪っか(サルカン)を作る

テープを縫い終えたら、片側の端を約5cmの長さに切り、オモテ面側に裏返し、輪っか(2回折り返し縫い)を作ってください。

猫首輪の生地を縫う

輪っかは余計な縫いしろを切ってラジオペンチでひっくり返します。

猫首輪の生地を縫う

 

セーフティーアジャスターを付ける

テープの端にアジャスターのオスを取り付けます。アジャスターにテープを通し、約1cm程をウラ面側に折り返します。さらにウラ面を上にしてミシンで縫います。輪っかと同様の手順で一往復半縫います。

猫首輪の生地を縫う

そして余計な糸を切ります。

猫首輪の生地を縫う

バックルを通す

アジャスターを付けた反対側からバックルを通します。

猫首輪を作る

そして、アジャスターのメスを取り付け、オスと同様にミシンで縫います。

猫首輪を作る

これで縫製は完了です。

猫首輪を作る

 

オリジナル猫首輪が完成!

縫製が完了したらサイズを調整します。セーフティーアジャスターが正しく外れるかを必ず試しましょう。

いよいよ完成した猫首輪を愛猫ちゃんへの着用です。

猫首輪を作る

ハンドメイド猫首輪を着けてみよう!

人間の指が2〜3本入る程度の長さに調整して猫ちゃんへの負担が掛からないようにしましょう。猫首輪に慣れていない猫ちゃんの場合は、焦らずにゆっくり慣らせましょう。まずは10〜30分程度着けて様子を見て、嫌がるようであれば外します。鈴も嫌がる原因になるのではじめはやめておきましょう。

まとめ

猫首輪を作る

家庭用ミシンでも作れる可愛い猫首輪。いろんな生地で着せ替えを楽しみたいものですね。ぜひ、お好みの生地で世界でひとつだけのオリジナルハンドメイド猫首輪をお楽しみください。

 

ぽぽねこの猫首輪の詳細を見る

 

※仕様について
今回ご紹介した猫首輪の作り方は、ぽぽねこの猫首輪をベースに複雑な加工を省略した簡易的なものです。ミシン初心者でも比較的簡単に作ることが可能です。

ぽぽねこ店長

11,873 views

猫の首輪専門店ぽぽねこの店長です。 当店でお買上げいただいたお客様の愛猫ちゃんの写真や、新商品情報、猫好きさんに役立つコラムを紹介しています。 猫ちゃんとの...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。