キャットリボン運動の公式スポンサーになりました!

キャットリボン運動の公式スポンサーになりました!

こんにちは、ぽぽねこの栗山です。

10月22日はにゃんにゃんにちなんで「キャットリボンの日」なのですが、キャットリボン運動って聞いたことありますか?

人間のピンクリボン運動のように、猫の乳がんを啓蒙する活動のことをいいます。人間と同じように、猫ちゃんの乳がんもセルフチェックと早期発見が大事。そんな取り組みに賛同し、ぽぽねこも公式スポンサーとして参加しました!

たくさんの飼い主さんに知ってもらいたい「キャットリボン運動」と「猫の乳がん」について、詳しく紹介したいと思います。

キャットリボン運動とは

キャットリボン運動とは

「キャットリボン運動」は乳がんで苦しむ猫をゼロにすることをめざし、JVCOG(一般社団法人日本獣医がん臨床研究グループ)の獣医師さんたちが始めた運動です。

2019年(令和元年)に日本記念日協会に「キャットリボンの日」が認定されたばかりなので、まだまだ認知度は低いかもしれませんね。

JVCOGによると、病気で亡くなる猫ちゃんの3分の1が「がん」なんだそうです。そして、猫ちゃんのがんで最も多いのが「乳がん」。

乳がんは初期の段階では症状が現れにくいので、飼い主さんによるセルフチェックで「しこり」を見つけることが超重要です。しこりを早期発見できれば、命を助けられる可能性も高くなります。

乳がんは「飼い主さんが見つけてあげられる病気」です。乳がんに苦しむ猫ちゃんをゼロにしたい、悔しい思いをする飼い主さんをゼロにしたい、そんな思いをこめてキャットリボン運動が始まりました。

キャットリボン運動

猫の乳がんとは

猫の乳がんとは

大切な愛猫の命を守るために、猫の乳がんについて正しく知ることが大切です。

猫の乳がんとは、乳腺に発生する悪性腫瘍のことをいいます。猫には左右に4つずつ、計8つの乳腺があります。同時に複数の乳がんが発生することもあるんだそうです。

乳がんの進行度合いによって1~4のステージに分類され、早いステージであればあるほど、命を助けられる可能性が高くなります。

10歳を迎えた女の子は要注意

乳がんのリスクが最も高くなるのは、10~12歳といわれています。10歳より若くても発生したケースもあるため、「若いから大丈夫」ということはありません。

乳がんにかかるのはほとんどがメス猫ですが、ごくまれにオス猫も乳がんになることが確認されています。乳がんの発生にはホルモンバランスが関係していると考えられており、早めの避妊手術が乳がんのリスクを下げることがわかっています。

気になったら獣医師に相談

猫の乳腺にできる「しこり」は約80%が悪性といわれています。少しでも違和感を感じたら、自己判断せずにすぐに獣医師に相談してください。

猫の乳がんは飼い主さんが見つける!

猫の乳がんは飼い主さんが見つける!

早めの不妊手術が乳がんのリスクを下げることがわかっていますが、それ以外に乳がんを予防する方法はわかっていません。猫種や生活環境による差異もほとんどないそうです。

つまり、どの猫ちゃんにも乳がんのリスクがあるということをぜひ覚えておいてください。

予防方法がないからこそ、「早期発見」がとっても大切なんです。とはいっても乳がんは初期段階では痛みなどの症状が現れにくいもの。症状に気づいたときには既にかなり進行していた……というケースも多いようです。

早期発見ができるのは、飼い主さんだけです。しこりが2cm以下で発見できれば、根治できる可能性がぐっと上がります。

早期発見するには「セルフチェック」をするしかありません。月に1回でOKなので、猫ちゃんのお腹をマッサージするように、セルフチェックをしてみましょう。

乳がんチェックマッサージのやり方は、キャットリボン運動公式ホームページをぜひ参考にしてみてくださいね!

キャットリボン運動を応援しよう!

キャットリボン運動を応援しよう!

猫の乳がんについては、まだまだ詳しく知っているよという飼い主さんは少ないです。私も「キャットリボン運動」を知ったのはつい先日のことです。

でも、乳がんに苦しむ猫ちゃんをゼロにするために何かしなくては。そう思って、すぐにキャットリボン運動に参加することにしました。

SNSでは猫の飼い主さんを中心に、キャットリボン運動の応援の輪が広がっています。この記事や公式サイトをシェアするだけで応援することができます。

公式Twitterでは「猫乳がんマッサージコンテスト」などの最新情報を発信しているので、ぜひフォローしてみてくださいね!

チャリティグッズを買って応援!

キャットリボンオリジナルピンバッジ

キャットリボン運動の活動や猫の乳がんの研究は寄付によって賄われています。「キャットリボン ピンバッジ(1,000円)」を購入することで、活動を応援することができます。このピンバッチは縦の長さが約2cm。猫の乳がんのセルフチェックするときの目安として使えるそうです。

【関連リンク】 

 

寄付をして応援!

個人・法人を問わず1,000円から寄付をすることができます。寄付をすると、「キャットリボン ピンバッジ」がもらえます。猫ちゃんの手のデザインがとってもかわいいので、人気の品なんだそうですよ。

 【関連リンク】


猫ちゃんの乳がんは、悔しいがんだと思っています。もっと早く見つけてあげられたら……と後悔してほしくはありません。

まずは、ひとりでも多くの飼い主さんに猫の乳がんについて正しく知ってもらうことが大事。ぽぽねこはこれからも、キャットリボン運動を応援し続けます。


【新刊】おすすめ電子書籍(Kindle)

保護猫が長生きするための5大原則

里親になったら知っておくべき 保護猫が長生きするための5大原則

保護猫文化の普及により里親になる人が増えている一方、飼い主の「猫リテラシー」には課題が山積…。我が家に迎え入れた保護猫が、一日でも長く幸せに『長生き』する暮らすには、猫の飼い方の大原則を理解する必要があります。生活習慣や家族の掟、病気予防など。
人気YouTuber獣医師こりん先生と、ぽぽねこ代表がタッグを組んだ「猫の長生き」のためのバイブル本が、Amazon Kindleで絶賛発売中です。(画像はイメージです。電子書籍となります。)

本日の編集部recommends!

ぽぽねこの猫用ハーネス

NEW!ぽぽねこの猫に優しいベスト型ハーネス

着せやすくて、脱がせやすい。そして、しっかりとホールドする。ぽぽねこの「猫に優しいベスト型ハーネス・リード付き」

ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

ぽぽねこの猫首輪は、どうしても猫首輪を嫌がったり、猫首輪ハゲに悩まされていた猫ちゃんにも愛用されています。 

    プロフィール


    KAZU ぽぽねこ代表
    株式会社ぽぽねこ代表取締役。長年、ペット業界に従事。動物愛護団体への寄付を通じて、 猫の殺処分ゼロ活動を支援している。


    コメント:2


    • グリ太

      ピンバッジ購入します!
      今後車のステッカーなども作られましたら、また寄付したいと思っています。
      乳がんに苦しむ猫さんがいなくなるよう、祈っております。


    • ひめまま

      13年前、愛猫を乳がんで亡くしました。12歳くらい迄は病気も無かったので、一緒に居ながら気付いてあげられなかった事が悔やまれます。胸の辺りを毛繕いするのが頻繁になって来たと思っていたところ、既に手遅れ。腫瘍が外まで出て来てしまっても年齢や体力を考えると手術は出来ないと言われ、それから数ヶ月、苦しく痛い思いをさせてしまいました。死んで欲しくないという自分のワガママでしたが、本当に後悔しています。猫は痛い、苦しいと言えません。
      その3年後保護したメス猫は10歳になります。飼い主の手で発見出来ることもあると知り、これからは実践してみようと思いました。


    この記事のご感想をお寄せください!(コメントを書く)