【獣医師監修】猫首輪でハゲた!猫首輪ハゲの原因と防ぎ方・猫首輪の選び方とは

【獣医師監修】猫首輪でハゲた!猫首輪ハゲの原因と防ぎ方・猫首輪の選び方とは

首輪を着けている猫ちゃん、とってもカワイイですね~。

猫ちゃんにとって首輪は「おしゃれアイテム」というだけでなく、万が一脱走してしまったときに飼い猫だと知らせる役割があります。そんな大切な猫首輪ですが、猫首輪が原因でハゲてしまう猫ちゃんもいるんです。

ちょっと申し訳ない気持ちになってしまいますよね……。「首輪ハゲにさせたくない」「首輪ハゲができてしまったらどうしよう」と悩む飼い主さんのために、首輪ハゲの原因と対策について解説します。

嫌がりにくい猫首輪ならぽぽねこ

猫の首輪ハゲとは

猫の首輪ハゲとは

猫ちゃんの首周りがハゲてしまう「首輪ハゲ」首輪を着けている部分の毛が抜けてしまうことをいいます。

毛が抜けてしまうだけでなく、ハゲている部分が炎症を起こしたり、痛みかゆみが出たりすることもあります。

しかも、いちど首輪ハゲができてしまうとなかなか治らないんです。首輪ハゲの原因を突き止めないと、症状を繰り返してしまうこともあります。

猫首輪でハゲる原因

猫首輪でハゲる原因

猫ちゃんが首輪ハゲになってしまうのはどうしてなんでしょう?

猫ちゃんの安全のために猫首輪を着けたのに、猫ちゃんを苦しめてしまうなんて悲しいです。

猫ちゃんの首輪ハゲの原因はいくつか考えられます(諸説あり)。

  • 首輪がきつい
  • 首輪が重い
  • 雑菌による皮膚トラブル
  • 首輪の素材に対するアレルギー


すぐに改善できそうなものもありますね。それぞれ詳しく見てみましょう。

首輪がきつい

首輪がきついと、猫ちゃんの首周りに常に摩擦が生じていることになります。摩擦によって毛がどんどん抜けていってしまうのです。猫ちゃんの被毛だけでなく、毛根にまでダメージを与えてしまい、なかなか毛が生えてこないこともあります。

また、首周りの皮膚が炎症を起こし、かゆくて掻き壊してしまうこともあるので注意が必要です。

首輪が重い

固くて重い首輪は、猫ちゃんの首にとっては負担が大きいです。ストレスから自分で毛をむしってしまったり、掻きむしったりすることで首輪ハゲを引き起こすことがあります。

ナイロン製や革製の首輪、大きな鈴や金属製の迷子札を着けた首輪は重いので気をつけましょう。

雑菌による皮膚トラブル

猫首輪は常に着けているものです。そのため、フケや皮脂、ホコリなどの汚れが付着、蓄積して不衛生になっていることも。雑菌が繁殖して皮膚トラブルに発展し、首輪ハゲになってしまいます。

首輪の素材に対するアレルギー

首輪の素材に対してアレルギーがあると、首輪の部分が炎症を起こしてハゲてしまいます。特に革やナイロン、金属、ゴムはアレルギーを起こしやすいです。フリルやレースなどの装飾が多い猫首輪も日常使いには向きません。

また、ノミ取り首輪に含まれる薬剤やハーブの成分が合わなくて、アレルギー性の皮膚トラブルを起こし、脱毛の原因になることがあります。

首輪ハゲはどうやって防ぐ?首輪ハゲの対処法は?

首輪ハゲはどうやって防ぐ?首輪ハゲの対処法は?

首輪ハゲの原因を知って正しく対処することで、愛猫ちゃんを首輪ハゲから守りましょう!

猫ちゃんの首輪ハゲ対策

猫首輪を着けている首周りの被毛が、ほかの箇所よりも短くなったり、少なくなってきたら首輪ハゲの前兆かもしれません。首輪ハゲにならないように、すぐに対策しましょう。

●首輪のサイズを調整する

太って体重が増えた猫ちゃん、成長期の猫ちゃんは首輪もきつくなってきます。定期的に首輪のサイズが合っているか確認し、調整するようにしましょう。

子猫や短毛種の猫ちゃんの場合、首輪と首の間に人間の指が1~2本入るくらいが適切です。長毛種の猫ちゃんは2~3本の余裕をもたせましょう。

●首輪を清潔に保つ

猫首輪に雑菌が繁殖するとツンとした嫌な臭いが……。猫首輪は定期的に水洗いをして清潔に保つようにしましょう。できれば半年に1回は、新しい猫首輪に交換したほうがよいです。

ちなみに布用の消臭スプレーや除菌スプレーは、香料が入っていることがあるのでおすすめしません。

●長毛種の猫ちゃんはこまめにブラッシング

長毛の猫ちゃんは首輪の摩擦によって、被毛断裂を起こしやすいです。こまめなブラッシングで毛玉を作らないことが大切です。

猫ちゃんが首輪ハゲになってしまったときの対処法

猫ちゃんが首輪ハゲになってしまうと、元に戻るまで時間がかかってしまいます。

まず大切なのは「早期発見」。日頃のお手入れやスキンシップで、首輪の周りの毛が少なくなっていないか、炎症がないかなどチェックするようにしてくださいね。

皮膚が見えるくらいハゲていたら、すぐに猫首輪の使用を中断し、動物病院を受診してください。少し毛が少なくなっている程度なら、猫首輪を猫ちゃんに合ったものに変えることで回復することがあります。

首輪ハゲにさせない猫首輪の選び方

首輪ハゲにさせないためには、「猫首輪の選び方」が超重要です。いくつか押さえておきたいポイントがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

●猫専用の首輪を選ぶ

ペットショップやホームセンターで売られている猫首輪は、わんちゃん用の首輪の素材を流用しているものが多いです。硬くて重い首輪は首輪ハゲの原因になります。購入の際に、素材をしっかりと確認してみましょう。

また、わんちゃん用の首輪はお散歩用か係留用なので、頑丈な作りになっています。小型犬用の首輪でも猫ちゃん向きではないので、必ず猫ちゃん専用の首輪を選ぶようにしましょう。

●コットンやリネン素材の布製の首輪を選ぶ

アレルギーを起こしにくい良質なコットンやリネン素材の首輪を選ぶようにしましょう。なるべく軽いものを選ぶのがポイントです。

●子猫・高齢猫にはやわらかい首輪を選ぶ

子猫や高齢猫は成猫に比べて皮膚のバリア機能が弱く、被毛がデリケートなので猫首輪ハゲになりやすいです。なるべくやわらかく、優しい素材の首輪を選ぶようにしましょう。

まとめ

まとめ

完全室内飼いの猫ちゃんでも、迷子対策のために「猫首輪」は必須アイテムです。

でも、猫首輪に慣れないうちはストレスから首輪ハゲになってしまったり、首輪ハゲによる皮膚の炎症やかゆみ、痛みがストレスになってしまったり……猫ちゃんに不快な症状が出やすいです。

首輪ハゲの原因は、「首輪がきつい」「首輪が重い」「雑菌による皮膚トラブル」「首輪の素材に対するアレルギー」の4つが考えられます。

まず大切なのは、首輪ハゲにさせない猫首輪を選ぶこと。猫ちゃん専用の猫首輪なことはもちろん、良質なコットンやリネン素材の軽いものを選べば猫ちゃんに負担をかけにくいです。

また、きつすぎないようにサイズ調整をすることと、首輪を清潔に保つことも忘れてはいけません。

「猫首輪の選び方」と「日頃のメンテナンス」で猫ちゃんを首輪ハゲにさせない! 私たちぽぽねこも全力で応援しています。

 関連記事:

  • 【獣医師監修】猫首輪を嫌がるときは?その理由と慣れさせ方とは
  • 猫首輪はいつから着ける?子猫の猫首輪の選び方、慣らし方


  • 【新刊】おすすめ電子書籍(Kindle)

    保護猫が長生きするための5大原則

    里親になったら知っておくべき 保護猫が長生きするための5大原則

    保護猫文化の普及により里親になる人が増えている一方、飼い主の「猫リテラシー」には課題が山積…。我が家に迎え入れた保護猫が、一日でも長く幸せに『長生き』する暮らすには、猫の飼い方の大原則を理解する必要があります。生活習慣や家族の掟、病気予防など。
    人気YouTuber獣医師こりん先生と、ぽぽねこ代表がタッグを組んだ「猫の長生き」のためのバイブル本が、Amazon Kindleで絶賛発売中です。(画像はイメージです。電子書籍となります。)

    本日の編集部recommends!

    ぽぽねこの猫用ハーネス

    NEW!ぽぽねこの猫に優しいベスト型ハーネス

    着せやすくて、脱がせやすい。そして、しっかりとホールドする。ぽぽねこの「猫に優しいベスト型ハーネス・リード付き」

    ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

    ハゲにくい猫首輪に替えませんか?

    ぽぽねこの猫首輪は、どうしても猫首輪を嫌がったり、猫首輪ハゲに悩まされていた猫ちゃんにも愛用されています。 

      記事監修


      獣医師 小西(こりん先生)
      獣医師 小西(こりん先生)
      日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科を卒業後、都内動物病院にて代診獣医師としての勤務を経てロンドベル動物診療所を開業。東京都西多摩地区を中心に往診専門獣医師として、地域の動物たちの健康維持に貢献。YouTube公式アカウントでは、ペットの健康管理に関する情報を配信し、多くのフォロワーからの支持を得ている。

      PROFILE


      ぽぽねこ編集部
      ぽぽねこ編集部
      ぽぽねこの読みものの企画・編集スタッフです。猫ちゃん大好きな編集部スタッフが論文などの情報に基づき、役立つ情報をお届けします。
      嫌がりにくい猫首輪ならぽぽねこ


      この記事のご感想をお寄せください!(コメントを書く)